浅川地下壕の保存をすすめる会
浅川地下壕の保存をすすめる会のホームページへようこそ。



 浅川地下壕とは、戦時中、高尾駅南にある金比羅山地下に陸軍浅川倉庫として掘られていた巨大な地下壕のことです。1997年、この浅川地下壕を戦争遺跡として保存すること、この地に平和資料館を建設するための運動を開始しました。

 2014年3月、市民の長年の念願がかなって金比羅山が八王子市の市有地となりました。

 金比羅山が市有地になったことにより、浅川地下壕ロ地区のかなりの部分が市有地内にあることとなりました。これまで浅川地下壕イ、ロ、ハ三地区はいずれも民有地にあったことから、八王子市としては何の手出しもできないということで年月が流れてきました。
 ところが、ロ地区の一部とはいえ市有地となったことで、浅川地下壕を文化財として八王子市の指定史跡となる明るい見通しが開かれました。


「peaceあさかわ」no.110を掲載しました。4月、6月の見学希望者募集しています。

 地下壕見学案内
地下壕内の見学案内は月に1回に限りできますので、
ご希望の方は下の希望日をクリックして案内掲載の中田まで
メールでご連絡くだだい。



4月2日(土)午後

6月11日(土)午後
 

Peaceあさかわ 最新号は No.110号です


 過去のPeace浅川  会設立の趣旨  会の規約
 本年度の役員  会長挨拶 入会案内
 地下壕の概略  浅川地下壕略年表  地下壕の場所
 地下壕の配置図  地下壕写真館  事務局宛メール


 
「浅川地下壕の保存をすすめる会」
 事務局
 
〒252-0116
神奈川県相模原市緑区城山4-16-25
  山梨喜正 気付
 
 

inserted by FC2 system